阪急西宮ガーデンズの好きなところ

阪急西宮ガーデンズ

阪急西宮ガーデンズ以前の西宮北口を知っている身としては、あるいは、阪急神戸線と今津線が交差していた頃を知っている身としては、ガーデンズが出来てからの変わりようには目を見張るものがあり、もうほとんど夢の世界としか言いようがない。
関東で言えば、舞浜にいきなりディズニーランドが出来たようなものだ。

そして、夢の世界は100歩以内では行けないようになっていて、駅からひたすらムービングウォークに乗ることになる。冬の風のある日は意外とつらい。

で、最近よくガーデンズに行くようになった。

比較的近くに住むようになったというのもあるけど、バイク(自動二輪)で行って無料でゆったり停められるという安心感は、なにものにも変えがたい。
それから、意外と好きな店が多い。以前はアパレルはあんまり興味がなかったのだが、今は結構好き。洋服とか靴とか鞄とか。アパレル好きな人だとガーデンズは行くところいっぱいあっていいね!
それに、個々のショプだけじゃなくて阪急百貨店もあるし。いろんな楽しみ方ができる。

フロアは3階が好き。なにも買わなくて散歩する。昼間の北モールの吹き抜けの上から降り注ぐ光が大好き。お店も3階は落ち着いているので好き。
食べるところはいつも人が多いからあまり行かないけど、それでも4階の「さち福や」と2階の「BARBARA」は好き。空いてそうな時は行く。ご飯に関しては結構、西宮北口の北側のACTA西宮に行くけどね。

駅の側から見ると、一番奥の方に量販店が多くて、吸引力になってる感じはする。量販店は駐車場からは近いから、たくさん買い物をする人には近くて都合いいと思う。阪急西宮ガーデンズの構造ってよく出来てるなあ。

西宮阪急も最近よく行くようになった。食料品売り場が意外と楽しい。ドンクでお茶もできるし、551で豚まん食べられる。
あと4階のメンズフロアは、INTERMEZZO だけ行く(笑)大抵、見るだけだけど。(狙い目はやはりシーズンが終わる頃かな)

僕の場合は実際、普段の買い物というと、ジョーシンでなんか小物を買うか、ブックファーストで本買うかぐらいかもしれないね。でも必ず、いろんなところを巡ってからそこに行く。または帰りにいろんな店を見に行くね。

阪急西宮ガーデンズ
↑ こちらは4月の様子

 

憧れの町の日常

原宿駅前

東京とか行くとき、休日に行くより平日の普段の姿を見たいなと思ったりする。
(自営業者というか、フリーランスはこういう時、便利だなと思う。平日でも時間を作って遊びに行くことが比較的楽にできるから。)

東京には憧れる街が沢山あるね。

なんというか、そこで暮らしたいとか、仕事してみたいとかいう憧れなのかな。(僕はかつて暮らしていたけど)
そうすると、みんながそこで、日常、どんな風に過ごしているのかな?ということに興味が湧いてきて、あえてその日常を見にいきたいと思ったりしないだろうか。

そして、例えば火曜日とか木曜日とかの街の交差点に立ち、そこの空気や、聞こえてくる音や、人々の姿、会話している様子などを感じながら、「あー、これがこの街の姿なんだ」ってウキウキするんじゃないだろうか。別にイベントとかやってなくてもね。

僕は、東京行くときはいつも、そういう街の空気を感じて嬉しくなってる。
憧れの町は、日常なのに輝いているように見えるんだよね。

新幹線といえば富士山

富士山

ほんとに日常なんですか?!っていうぐらい旅の記事ばっかりになってますが。

東京行くとか出張行くとかいうと、僕なんかすぐ新幹線を想像するけど、人によって全然違うんですね。
飛行機ばっかりっていう人もいるし、バスばっかりっていう人もいる。そしてみんながこういう、

新幹線よりこっちの方が安いですよ!

うるせい!僕は富士山が見たいんだ!
(飛行機でも富士山見えるとか言わないで欲しいよ)

で、今回の旅では富士山はこんな感じでちょっと残念だったが、なかなかワイルドな姿が見れて、それはそれでよかった。
いつも不思議に思うんだけど、富士山って、ものすごく大きくて、広い。なのに、新幹線で通るとあっという間に流れていって、下手すると見逃すぐらいなんですな。なんでだろう?不思議。

だから、シャッターチャンスなんて、意外とピンポイントだったりする。

晩秋の京都をひたすら歩く(後編)

前回の続きで、京阪の祇園四条駅を降りたところから書く。

祇園から東山
東山いいね。

西利
西利さんの前。
店頭のこういう花の飾りは、他でも見たけど、結構、目を引く。

八坂神社
八坂神社いいね。

八坂神社から祇園
八坂神社から祇園の方を見たところ。なんかブラタモリを思い出す。(^^)

八坂神社境内
八坂神社の境内。快晴。(^^)

鳥居といちょうの木
いちょうの木の黄色が鮮やかで綺麗だった。

八坂の塔を臨む
八坂の塔を臨む。電線なかったら新撰組になれるけどね。。

高台寺のポスター
高台寺のポスター。こういうのは京都ならではだなあ。

高台寺の前
高台寺の前。東山いいね。ちょー久しぶりにここに来れて嬉しい。

紅葉
燃える秋ですな。

八坂の塔
屋根越しの八坂の塔

二寧坂
二寧坂の上に出てしまったので、そこから下ることに。
結構、和服の人が多くて、貸衣装屋さんもあちこちに見られた。観光客(?)が気軽に着物を楽しむ時代になったのだなと。

スターバックス二寧坂
でまあ、スターバックスに来たわけだけど、前も人が多いけど、中も人がいっぱい待っていて、ちょっとだけチラ見をすることに。

スターバックス二寧坂
こんなところにスターバックスのお嬢さん(?)

スターバックス二寧坂
ゴールドが効いてますな。ゴールドかな??


それで、この木の横でカバンごそごそやってると、ご婦人に「山村美紗さんのお家はどこかわかりますか?」と急に尋ねられて、
「そういえばなんかその話は昔聞いたことありますねー」とか言いつつスマホで調べたけど、分からなかった。
こういうのも京都ならではだなあ。。

夕暮れの高台寺道
夕暮れの高台寺道。返り見すればなんとやら。

東大路通
帰りは東大路通の方に出た。

鴨川
鴨川の夕暮れ。学生時代を思い出す。

学生の頃からこの東山界隈を歩くのが好きで、その頃は写真とかもやってなくて、純粋に歩いてたなあと。
イメージ的には、立原正秋の小説のような感じで、自分は思ってたけど、他人から見たらただのその辺の兄ちゃんだったのだろう。今でもその辺のおっさんだが。

それにしても、たまにこうして歩くのは良い。京都はほんとに歩くのに良い街だ。また近いうちに歩きに来よう。

晩秋の京都をひたすら歩く(前編)

昨日、同志社EVE祭のあと、京都を歩き回ってみた。
行程をあとでGoogle Mapで調べてみて、距離を測ってみると、

・烏丸今出川 – 西陣周辺 – 今出川キャンパス構内往復(約2km)
・烏丸今出川 – 鞍馬口 – 出雲路橋 – 出町柳(約2.8km)
・出町柳 – 祇園四条(京阪電車に乗る)
・祇園四条 – 八坂神社 – 高台寺 – 二寧坂(往復)- 四条河原町(約2.8km)
・うちから最寄駅まで往復(約2.8km)

ということで、全部で 10.4km
あと大阪梅田の地下街も移動したので、12km以上は歩いたことになる。よく歩いたなあ。

ということで途中の京都の景色をアップしておこう。

烏丸今出川
出発地点の烏丸今出川、烏丸通を北上する。

新町校舎
同志社の新町校舎の方にも行ってみたり。

俵屋吉富
俵屋吉富さんの前を通って

お寺の紅葉
お寺さんの紅葉が青空に映える

上善寺
こちらは別のお寺さん。佇まいが素敵。

出雲路橋から比叡山
出雲路橋まで行くと比叡山が見えた!
比叡山、こんなにしっかり見ることって、今までなかったかも? 拝むの忘れたなあ。。

出雲路橋
橋の欄干

賀茂川
賀茂川の眺めが素晴らしい。これは南側。
京都っていうと家が密集していたり、山が近いとかいうイメージはあるけど、ここから見るとなんかものすごく広い。天気がいいので日差しが眩しくて、明るいイメージ。だけどどことなく落ち着いている。
ええー?ここから川沿い歩くのかー?と一瞬途方に暮れたけど、頑張ったらすぐだった(笑)

葵橋
葵橋東詰まで川沿いを歩いた。

下鴨
下鴨の一番南のあたり。この辺り全体が杜になっている。
日差しをずーっと浴びて歩いてきたので、ここでホッと一息っていう感じ。

出町柳駅
やっと出町柳駅に着いた。
おや?鞍馬の方に行くの僕??と一瞬思ったけど、ちゃんと京阪で四条方面に行けたので良かった。

ということで、前編はここで終わりにしとこう。四条からの行程は次の投稿で書くことにする。