クッションフロアの切り売りを買う

ホームセンター

今年もあと、明日1日となった。
きょうは実家の玄関に敷くクッションフロアの調達を頼まれたのでホームセンターに行ってきた。
パッと見てすぐにこれというのを見つけて、切り売りしてもらうために係員を呼んだらすぐ来てくれて、サクッと買えたが、さすがにレジが混んでてしばらく待った。どこの家庭もやること一緒かも。

ところで十数年前に、僕もホームセンターでパートで働いていてインテリアコーナーの担当だったので、切り売りコーナーとか懐かしいけど、商品見たら柄も点数も、昔とそんなに変わっていない。住宅業界、あんまり変わらないなーと感じた。暮らしの必需品の領域なので、そんなもんかもね。

六星占術わりと当たる自分

細木数子の六星占術、本屋で売ってる文庫本をたまに買ったりするけど、自分の場合はわりと当たっていると思う。
今回は、ネットで調べて概要的な解説を読んでみたら、やはり大体、その通り。

水星人(+)だけど、去年、今年、来年はとても良い運勢と書かれていて、来年は「安定」で最高の年になると\(^__^)/
確かに今年は良い年だったと思う。わりと上向きのエネルギーを感じてる。来年も期待できそう。

しかし再来年は大殺界らしい。。。
変化激しいね(汗;

それに備えて、2018年はブログをせっせと書いて、来るべき冬に備えようと思う。

551蓬莱の豚まん170円

551蓬莱豚まん170円

こないだ、夕方頃に阪急西宮ガーデンズに行って、小腹が空いたので手頃なカフェはないかな?と思いながら西宮阪急の1Fあたりを歩き、ドンクでケーキセットとかにしようかな?と思ったけどちょっと高いなと思って帰りかけたら、ちょうど良い位置に551蓬莱のカウンター席が見えて、空いてたので立ち止まってメニューのウィンドウをのぞいたら豚まんが170円とのこと。

これはちょうど良い!

と思って豚まん1個だけ注文した。
そしたらお茶も出てくるし、下手にカフェでコーヒーとか飲むよりよっぽどいいなと思った。思わぬ発見!
しばらくのんびり豚まん食べながらお茶飲んで、「ありがとうございました」と言ってもらって、心地よく店を後にしたのだった。もちろん、豚まんは具が多くて美味しかった。

ユーミンのALARM à la modeを久しぶりにGET

ALARM à la mode

ユーミンから多少遠ざかりつつある今日この頃、それでも秋冬撰曲集やLOVE WARSなんかはいまだによく聴いている。
それで先日、クリスマス近いし「3-Dのクリスマスカード」をYouTubeで検索してみたら、関連動画として ALARM à la mode の収録曲が何曲か出てきておおーっと思って聴いてたら、結構いい曲ばかりで、その割には今まであんまり気に留めてなかったなーこのアルバム、って思った。
じゃあというんで早速ネット注文してCDを手に入れた。

YouTubeは無許可でアップしている人が多いけど、それを聴いてこれいいなと思っている人も多いはずで、中には楽曲の購入に繋がることもしばしばあるだろうと思う。良し悪しだなあという辺り・・・
今の若者がCDを買うのかどうかよく知らないんだけど、自分はCDという「モノ」も欲しいし「ジャケット」が欲しいからCDを買っている。(どうしてもCD売ってないようなものだけダウンロードするね。たとえばリズム・ロジックとかそうだった。)

それはさておき、前回の投稿同様、このアルバムもやはり1986年に発表された。やはり、やはり、という感じ。曲を聴いているとその頃の空気を感じることができる。もう30年も前のことなんだけどね。
いい曲ばっかりだけど、あえて好きな曲というと、1、2、3曲目「Holiday in Acapulco」「ジェラシーと云う名の悪夢」「パジャマにレインコート」・・・だなあ。3曲目は特にいいなあー・・

また古い話をするけど、ユーミンを最初に知ったのは、ドラマ「家庭の秘密」と「不二家ソフトエクレア」のコマーシャルとラジオの「不二家歌謡ベストテン」辺りだった。どれが最初とか順番は全然覚えてないけど。
なので初めて聴いた曲は、「まぶしい草野球」か「あの日にかえりたい」だろう、たぶん。小学生の頃だね。

そして社会人になった時に空前のスキーブームが訪れて、周りのみんなが聴き出して、カーステレオでかけたりしてたから、その辺りから特によく聴くようになった。冬はずーっと聴いてた気がする。よく飽きないよね。
といってもレンタルレコード借りてきて、スキーやリゾート系の曲ばっかりをカセットに録音して聴いていたから、それ以外のユーミンの歌は割と知らなかったりしていたね。

どかーんと最近になって、ここ数年、YouTubeで改めてユーミンの他の曲をよく「発見」するようになった。同様に ALARM à la mode も「再発見」という感じだった。今とても心地よく聴いている。

EPOのベストアルバム

The very best of EPO

もうずいぶん古いアルバムなので仕舞ったままにしていたけど、この季節、何気に聴きたくなって、引っ張り出してきてiTunesに入れた。

個人的には1986年前後にヒットした音楽がとても印象に残っているし、いい音楽が多かったように思う。社会人1年生だったので、ワクワクした気持ちと同調していたのかも知れないね。

1曲めは「DOWN TOWN」で「オレたちひょうきん族」のエンディングだった。
このアルバムの中で特に好きな曲は「GOODIES」「12月のエイプリル・フール」
12月に聴きたくなるのはそのせいかな?なんとなく冬の朝とか夜とかが似合う曲が多い気がするというのと、12月に友達とみんなでディズニーランドに行った時の思い出なんかが重なるからかも知れなーと思いながら、アルバムの発売日を見ると1986年の12月だった。

グラプトペタルム(朧月)

グラプトペタルム(朧月)

ずっと名前を知らずに育てていたので、改めて調べてみたらグラプトペタルムという多肉植物のうち「朧月」と呼ばれているものらしい。忘れないように記録しておく。

それにしても粋な日本名がついているけど、誰が命名するんだろうね。

これはずいぶん昔に、亡くなった祖母からもらったもの。

長い間、適当に放置していたので、一時期はボロボロでみすぼらしい感じになっていたのだけど、今年の春にちゃんと植え替えをして、大事に管理していたら、こんなに葉っぱ(?)が増えてきた。(^^)

この分だと来年は鉢を分けるか大きくするかしないといけなさそう。

夏は結構、日に当ててたから葉焼け気味だったけど、今は綺麗な緑色に戻っている。

土は普通の園芸用の土。本当は水はけの良い多肉用の土が良いらしいんだけど、これでも大丈夫だった。風通しよくしてるし、乾いた時しか水やりしないからいけたのだろう。

去年までは、冬でも外に置いてた。でもさすがにそれは厳しかったのだと思う。濡れると特にキツいみたい。ごめんね。

デリケートで、触るとすぐポロっと取れたりするから、なるべく触らないようにしている。でも取れた葉っぱを土に挿しておけば、またなんか生えてくる感じ。面白い植物。

西宮北口今昔物語(^^)

西宮北口

最近よく西宮北口に行く。なぜなら、GardensとACTAがあるから。

こないだガーデンズのことをちょっと書いたので、今回、ACTAのことを少し書くと、僕がよく行くのは西館の地下(食べるところ)と3階の無印良品、2階のマクドナルド。4階のジュンク堂は前はよく行ったけど最近あまり行かない。5階の保健福祉センターは健康診断でお世話になっている。

東館は、2階のスターバックスぐらいかな。といってもこないだ初めて行ったばかり。以前は5階の図書館にもたまに行ってたなーと今、思い出した。意外とACTAにはお世話になっているね。

それで、思い出しついでにオジサン的な話を書くけど・・・

子供の頃、阪急電鉄の神戸線と今津線は、線路がクロスしていた。つまり、神戸線の梅田行きの電車が発車待ちしている時に、目の前を今津線の電車が横切って行くわけ。その時の車輪の音が、ダンダダン、ダンダダン、ダンダダン、っていう感じだった。

西宮北口というとまず真っ先にその線路のことを思い出す。

それから、阪急ブレーブスの西宮球場。今の阪急西宮ガーデンズがあるところに昔あった。

阪神沿線に済む子供はほとんどが阪神ファンだったが、阪急沿線の場合はそれほど縛りは強くなく、阪急ファンの子もいたけど、少なかった。(汗;

で、僕も別に阪急ファンではないし、野球もそんな好きではなかったけど、西宮球場でダウン・タウン・ブギウギ・バンドのコンサートがあったのに行ったことはある。西宮球場はよくコンサートをやっていた。

学生時代は、ニチイというスーパーがあって、その向かい側にレンタルレコード屋と、靴屋があったような気がするが、そのレコード屋によくレコードを借りに行っていた。

ある日、何気にニチイの前を通ると人だかりがしていて、新人歌手がきているみたいで、名前は「松田聖子」と言っていた。今思うと、ちゃんと見ておけば良かったなと思う。その頃は、誰かいる・・ぐらいにしか思ってなかったね。

あと、僕にとって西宮北口が大きくクローズアップされたのは、阪神淡路大震災のとき。

阪急電車は西宮北口と夙川の間で高架が落ちてしまって、半年ぐらい使えなかった。なので、会社に行く時、西宮北口にあった大きな駐輪場(たしか、今の芸術文化センターのある場所付近だった気がするが)までバイクで行って、そこに留め置きしてから電車に乗って大阪まで通っていた。

そんな感じで、昔から西宮北口っていう場所は、いろんなことの拠点になるような場所だったんだろう。だけど、とても何気なくて、特段どうっていう町でもなくて、わりと通過点だったりして、明確なイメージのない場所だったなあ。

それに比べると、最近は特徴がはっきりしてきたし、良いイメージになってきたなあと思う。それなりに人気も高まっているらしいし。

最後に余談だけど、みんな「にしきた」って呼ぶけど、昔は「きたぐち」って言ってなかったっけ?時が経つと呼び名も変わるのね。

いつもガーデンズとかアクタとか行く時、そういうことをたまに思い出したりしながら歩いている。