外国客船の入港

神戸港 SUPERSTAR VIRGO

日曜日、寒いけどふらっとポートアイランドの北公園あたりまで行ってみた。
ちょうど、豪華な外国客船が入港していたので遠目だけど撮ってみた。
調べると、この客船は、SUPERSTAR VIRGO という香港のクルーズ会社の船らしい。

神戸大橋につながる新港第四突堤には「ポートターミナル」があり、そこに外国の大型客船がよく停泊しているので、そっちの方に行くとたまに出くわす。

しかしよく見ると大きいなあ。こんな大きなのが海に浮かぶっていうのと、ここに入れるっていうのが不思議(笑)

保湿ジェル

保湿ジェル

いつも行ってる美容室のお兄さんにもらった。
トリピュア アルガンモイストジェルという保湿ジェル

手につけるとすぐに浸透する感じで、塗ってる感がなく、さらっとしている。
手がすべすべになる。

冬は乾燥して結構、肌が荒れるけど、いつもこういうのは全然使ってなくてそのままにしているのだが、これを機会にちゃんとケアしようと思う。
特に足首のあたりとか、かぶれたようになることが多いので、こういうのをつけておくとかなり良いかもしれないと思った。

日常が好きになった理由

日常

日常って何気ないから意識しないとあえて興味さえ持てないかもしれないけど、自分がどうして日常が好きになったのかということを考えてみると、2つぐらいあると思う。

○お金がない(笑)

やっぱりお金があると、クルマ買うとか、旅行行くとか、レジャーしまくるとか、飲み歩くとか、だいたいそういう非日常的な方向に行きがちだと思う。
もちろん、生活できないくらいにお金がなかったら「日常楽しい」とかも言ってられないから、そこそこ生活できて少し余るぐらいが日常を楽しむのにはちょうどいいレベルなのかもしれない。
そうすると、行動半径はさほど広くなく、自宅周辺がメインになってくると思う。ウィンドウショッピングするとか、近場で写真撮ってインスタグラムに上げて楽しむとか、そんな感じになるね。日常そのものを楽しむ感じになる。

○自営業をやっている(フリーランス)

自宅で営業している(SOHO)ということは、会社に行かないということなので、必然的に自宅周辺での活動が多くなる。周りのお家の人が会社に行っている時も、自分は家にいる。仕事で出かけるのは打ち合わせやイベントがある時ぐらい。
それでずーっと家の中でパソコン向かって仕事していたりすると、ちょっと外に行きたくなる。街まで出かけたら仕事に集中できなくなるから、近所でお茶するとか、スーパー行くとか、散歩するとかいうのが平日の暮らし方になる。
だから日常の暮らし方っていうものが退屈にならないように考えるんじゃないかな。何か身近なもので楽しみたいっていう風になる。仕事に縛られる時間もある程度自分でコントロールできるから、平日の中にも空いた自分だけの時間というのが結構あるんですよね。
(会社員だとほとんど会社に居ないといけない)

そんな感じで、会社員の時は「日常」って退屈な気がしてたけど、今は全然、そういうことがない。非日常的なことをしてもすぐに終わって日常を過ごす時間の方が長いわけだから、その長い時間を豊かに暮らすことが出来たら、とても素敵な人生になるんじゃないかなと思ったりしている。

コミネの防水リュック20L

バイクに乗る時に使うために、コミネの防水タイプのリュック(20リットル)を手に入れた。

コミネの防水リュック

今、日常的に使っているバックパックがわりとコンパクトなので、例えばレインウェアとかワイヤロックとかを入れてなおかつ、カメラとか電子機器類を入れようとするとパンパンになってしまう(全部入らない)ので、少しゆとりのあるバックパックが欲しかった。
それと、雨の時には防水だと中身の心配しなくて済むから、そういう意味でこの防水バックにしたというわけ。値段も意外と安い。

裏側
裏側。ショルダ部分はバックのポケット内に仕舞うことができ、周りのD型のフックなどを使ってバイクに積載することも出来るような構造になっている。

サイドビュー
横から見たところ。下部にメッシュのポケットが付いている。

バッグを開けた状態
バッグを開けて上から見たところ。(下にタオルなどを入れているが・・)
口の部分はマジックテープで留めるだけ。全体はただの袋で、内側が塩ビになっている。
上部を折り畳まない状態だったらかなり容量が確保できる。これだと泊りがけの旅行でインナーの着替えとか入れても十分いけそうだ。

内部にポケットや仕切りなどは無いので、電子機器とか入れる時、それぞれを袋に入れた方が良さそう。
十分、満足できるが、希望を言うと、外にチャックの付いたポケットがあったら便利なのになと思った。

新港第一突堤

新港第一突堤

まぶしいぐらい天気が良くていい気持ちなので、神戸に行ったついでに港まで行ってみた。
旧居留地のあたりからまっすぐ港に向かう道を行って、2号線の京橋の交差点を過ぎて、高速の下をくぐり抜けたら新港第一突堤。
写真の反対側にはメリケンパークと中突堤があって、ポートタワーなどが見える場所。
この突堤には神戸みなと温泉が最近できた。

個人的に広くて静かな場所が好きなので、こういう所に居ると落ち着く。日曜日はトレーラーなども走っていないから道は空いていて安全で良い。
夏はこの近くの突堤で海釣りをして過ごしている親子連れなどもいたりするけど、最近は開発が進んでそういう風景も見にくくなってきたかもしれないね。
これからも開発されて変わっていくのだろう。

「園」がつく場所はリゾート地

甲子園口

西宮には「園」が最後に着く地名がいくつかあるけど、さっき調べたらウィキペディアによると「西宮七園」というらしい。
甲子園昭和園甲風園甲東園甲陽園苦楽園香櫨園、ということらしい。

昭和園ってどこだ??・・・知らなかったー、昭和町らしい。

僕の記憶では、これらが出来た当時は「リゾート地」だったと解釈しているんだけど、調べると「高級住宅街」ということになっているみたい。

リゾート地である所以。
甲子園には「甲子園ホテル」(現 甲子園会館)や「阪神パーク」、甲陽園には遊園地と映画の撮影所、苦楽園には温泉、香櫨園には・・・??なんだっけ、なんかあったはず(笑)あそうだ、海水浴場!
そういえば夙川のあたりも香櫨園の一部だという話なんだけど、夙川にも昔、リゾートホテルがあったんですよね。

それらがのちに住宅街として開発された、というのが僕の認識なり。

珊瑚礁(モアナマカイ店)

珊瑚礁

4年ぐらい前の秋に、湘南・七里ヶ浜にあるカレーのお店「珊瑚礁」に行った。
人気店ということで平日にも関わらず店内に待つ人の列ができていたけれど、幸運にもカレーを食べることができた。
(この時は、道路わきの看板の掛け替え?作業が行われていた)

珊瑚礁・店内
江ノ島が見える!

珊瑚礁・店内
江ノ島が見える!海が見える!

珊瑚礁・天井
小屋裏、網代天井というやつですか。& サメの壁掛け

珊瑚礁のカレー
珊瑚礁のカレー。なにカレーだったか忘れたけど。

カレーを運んでくるおにーさん、おねーさんがカッコいい。大人っぽい。
おにーさんはオールバックにアロハシャツだったかな(?)おねーさんはムームーを着ていた。ハワイだなー。
もちろん、カレーは美味しかった。

国道134号線
前の道、国道134号線! あ、看板が外されてる(汗)

国道134号線と海
134号線と海とスポーツカー
絵に描いたというか、シティポップスに出てきそうなシチュエーション。
実はこの時は風がすごく強くて、海が荒れており、砂が飛んできたりして大変だった。

このお店は本当に、行って良かった。
何が良いかというと、ロケーションもさることながら、大人っぽい雰囲気かな。チャラいお店とは一線も二線も画している。そこが良かった。