断捨離○回目にして見えてきた極意

スピーカーの分解

だいたいここ数年のうちで何回か断捨離をおこなってきた。少なくとも2回の引っ越しの際に思い切ってモノを捨てたし、その間でも実施してきた。
ここに来てようやく最終形が見えてきた感じがする。

今やっているのはスピーカーの処分。これはもう20年ぐらい前にスピーカーユニットを買ってきて、自分で箱を作って収めていたものだけど、さすがに経年変化甚だしく、ウーハーはコーンの周りがボロボロ!捨てるしかない。
ツイーターの方は、もしかしたら(?)まだ使えるかも(?)しれないので一応、置いておこうと思っているところ。
箱はかなり大きいので、今回、粗大ゴミに出すことにした。このご時世、スリムなAV用スピーカーなども沢山売っているし、次に買うときはそういうものにするだろう。

それから、作業用デスクも、ずいぶん長い間使っていたロアスのパソコンデスクを処分することにした。仕事で使うデスクは数年前に大きなものを買ったので、古いのはすでに不要になっているけど、なんとなくその上にテレビが載ってたり、下にものをしまい込んだりしている。この際、畳んで粗大ゴミに出そうと思う。

この2点が片付けば、かなりスッキリした部屋になる。

テレビ台に関してはそのうちローボードを買うだろう。そうすればそこにDVDプレーヤーやアンプも置くことができる。

何回かの断捨離を経てたどり着いた結論めいたもの、それは、

(1) 同じ役割のものを複数持たないこと。新しいものが欲しいときは古いものを処分する。
(2) 細々したものをなるべく買わない。買ってしまった場合は仕舞える場所を確保する。
(3) 部屋の中をエリアで区切る。この辺りは何を置く場所、何をする場所という風に。そして、そのエリアに見た目1つだけの塊を置く。(ごちゃごちゃ置かない)
(4) 使わないものは捨てる(当たり前だけど意外とそうなっていない)
(5) 電子化できるものは物体をやめて論理にしてしまう。

それで、単なる整理整頓に対して、断捨離というのは精神面のリフレッシュと解放を目的としている。モノと自分との長い付き合いの中で固定化してしまった概念を払拭し、新しい概念で置き換えていくことである。時代の変化をプラスに考えて新しい時代に生きていくことである。

特に、家電製品やパソコンなどは、5年、10年経つと随分進化して、小さく、軽く、省電力になっていくので、いつまでも古いものを持ち続けるより、新しいものを手に入れて、空いたスペース、電気(笑)、費やさなくて済む時間などを、他のことで使うようにしたほうが限られた生活空間&時間を有効にエンジョイできると思う。

おそらく、とことんまで削った空間に最後に残るものは、自分の大好きなものであるはず。
そして、仮にそこに前時代的なノスタルジックなアイテムが残ったとしても、それはそれで構わない。なぜなら、古いものを捨てるのではなくて、要らないものを捨てるからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中